ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 恋の道 | main | 丑の刻詣り >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
ぶぶ漬けは..
こないだ東京のともだちから、例の「ぶぶ漬け」の話はほんまなんか尋ねられました。この話、たしか京都人の「いけず」を、おもしろおかしゅうゆうた、落語の噺やったんやとおもいます。実際には、わたしはそんなんゆわれたことはありまへんなぁ。お客さんにはよ、いんでほしいとき、見えへんところに箒を逆さに立てる習慣はたしかにありますけど、「ぶぶ漬け」はちょっと、あれへんのとちゃいますやろか。

せやけど、この噺のゆわんとするとこは、たしかに京都人は持ってるかも知れまへんなぁ。京都人ゆう十把一絡げな云い方はわたしは好きやないですけど、この街にしかあれへん、気持ちのやりとりの仕方みたいなもんは、よそさんには分かりにくいとこはありますやろなぁ。せんせが、よそさんとのやりとりで、相当な「いけず」をゆうたはっても、相手さんに全然つうじてへん時など、はたで聞いてて可笑しなってきますわ。

この街の歴史に培われて洗練された、それ故、複雑な修辞やしきたりは、正直、面倒におもうこともありますけど、もしかしたら、神社仏閣よりも京都を京都らしゅうしてる、大事なもんかもしれまへん。そのうち京都の「いけず」は国の無形文化財になるかもしれまへんなぁ。なんてわかりやすい嫌みは、この街のおひとは使いまへん。
2006.08.23 Wednesday
| 京都らしさ | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
有名なはなしですよね いけずでも、はよわかりなはれ といいたいところでしょうね 偶然でしょうか昨日京都テレビでその話をしていました ご本人の出演ではないですよねー
| まりー |
仕事で京都に転勤の辞令を受けた3年前、多くの東京人から京都の「いけず」の話を聞かされました。
しかし、残念ながら?この3年間一度も「いけず」を経験してません。
一度は経験してみたい・・・
逆に、礼儀しらずの観光客に「いけず」言うてやりたいと思うときもあります。
| Saki |
>まりー様
ようこそ、おこしやす。

いえいえ、そんな顔さすとこ、よう出て行けまへん。
せいぜい嫌みゆうても、伝わらへんと、せんないことですわなぁ。おうちに帰ってから嫌みをゆわれたんを気づくくらいが、ちょうどええ加減やおもいます。
| 修学院小習 |
>Saki様
ようこそ、おこしやす。

それはSaki様のお人柄がなせることですねぇ。よそさんでも誠実な方にいけずするおひとなんか、いてはらしません。「いけず」は一対一で「刺す」もんですさかい、団体の観光客には、多勢に無勢ですわ。
| 修学院小習 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syugakuin.jugem.jp/trackback/95
トラックバック