ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 日和神楽 | main | 雨障み >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
一からやりなおしです
今日のお稽古は、えらい高価なお道具でさせてもらいました。お茶碗の持ち運びも正直あまり気持ちのええもんやのうて、もし、落として傷でもいったらとおもうと、ひとつひとつの扱いは細心の注意がいりました。せやけど考えたら、いつもそうしてんのが当たり前ですわなぁ。日々のお稽古で丁寧な所作をしてんのは、ただの「型」で、そこに心込めてほんまに大切にお道具を扱ってきてへんかったことをこんな機会に実感します。

ひとと接するのも似たよなもんなんですやろなぁ。どんなに丁寧なことばをつこてても、こころあらずでは、せんないことになってしまいます。今、目の前にいたはるひとに礼を尽くす、お相手のこころが傷いかんように、丁寧なことばをつかう、それをいつも忘れんようにいてたいです。

祇園町のせんせみたいに、軽口も軽妙に、それでいてまごころの伝わる洒脱な会話など、とてもでけしまへん。ぎこちのうても、落とさんように、ゆっくりとしっかりとお茶碗を運ぶように、その時その時を過ごしていけるように願います。

お茶も、一からやりなおしです。
2006.07.19 Wednesday
| お茶のこと | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
いいお道具に巡りあえることは 本当に幸せなことですね。
修学院小習さんも素晴らしい機会に恵まれて 何よりでございました。

たった一つのお茶碗が 自分自身を見つめなおす力を与えてくれる・・・すごいことだと思いました。
またそのことにすぐにお気づきになる修学院小習さんも たいしたお方だと感心してしまいました。

これからはお稽古に行かれても 今までとは違った自分に出会えそうですね。頑張ってくださいませ。

| シンタ・シーコ |
>シンタ・シーコ
ようこそ、おこしやす。

ひとも器もほんまご縁ですなぁ。その楽茶碗はあたたかな手触りでした。特に主張のあるもんやないんですけど、自分とまわりを静かに見渡せる余裕を与えてくれた気がしました。
| 修学院小習 |
素敵なお話をありがとうございました。
本当に、いつものお稽古のお道具も高価なお道具も同じはず、心をこめて扱わなくてはいけませんよね。
人との会話もしかり。
私も心にとめて週末のお稽古に臨みたいと思います。
| m-tamago |
>m-tamago様
ようこそ、おこしやす。

えらそうなことゆうてしもて、恥ずかしいです。大事にあつかわんとて思た時、いつも習てる所作がえらいしっくりときました。そしたら、今までは何おもて丁寧なフリしてたんやろと..。お茶はいろんなことを教えてくれますわ。
| 修学院小習 |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syugakuin.jugem.jp/trackback/77
トラックバック