ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 葵祭 | main | 夏越の祓 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |


床のぼんぼりが鴨川の水面を彩ってます。床は今時分がちょうどよろしいと思いますわ。たんとのお料理よりも、朱色に染まる北山と、川面にわたる風が、いちばんのごちそうです。今日よばれた「幾松」さんは、明治維新の舞台やそうで、いろいろ女将はんが説明してくれたはったんですけど、悲しいことに無学ですさかい、ちんぷんかんぷんでしたわ..。
2008.06.25 Wednesday
| 都暮らし | comments(3) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
もう夏ですね〜  京都は四季折々のけじめがあっていいですね〜

幾松さんは有名なお茶屋さんですよね
お料理は仕出しなのでしょうか?

一度は訪れてみたいです〜
| まりー |
>まりー様

無事のお戻り、なによりです!
幾松はんは、いまは料理旅館をしたはります。「ごはんのおかわり、ゆうとくれやっしゃあ」と気さくな女将はんで、お料理も奇をてらわへん、いい意味でふつうの懐石です。おいといない料金やとおもいますし、ぜひ、一度訪ねてみとくれやす。
| 修学院 |
ありがとうございます

日本のすばらしさ 噛みしめています

幾松さん 益々たずねてみたいです〜
| まりー |
コメントする