ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 春霞 | main | 葵祭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
御阿礼


明日の夜は上賀茂神社で「御阿礼」(みあれ)がおこなわます。この神事で神様をお迎えして、いよいよ葵祭が始まります。「御阿礼」は古代より、神職以外の者が立ち入られへんお決まりですさかい、内容もまったく分からしません。

九日の例の会の折に、ぶしつけに神官さまにお聞きしたところ、お祭りの意味などは教えて頂きましたが、具体的な事は、「これ以上は..」とえらい困ったお顔をされて、かえって、わたしが恐縮してしまいました。

二千年つづく秘密など、なかなかこの世にはあらしませんねぇ。

写真は、賀茂さんのほど近く、太田神社の沢です。今年も杜若がたんと咲きました。ちょうど今が見頃やとおもいます。

2008.05.11 Sunday
| 神仏のこと | comments(4) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
おひさしぶりです。。

二千年つづく秘密って、すごいですね〜。
神官さま達の間だけに脈々と受け継がれてきたこと、この先もまた何百年何千年と受け継がれていくのでしょうか・・・
なんだかとっても神秘的で素敵ですね〜。
こういうことを聞くと、葵祭の重みを感じます。
| ルナ |
>ルナさま

こちらこそ、ご無沙汰しております。
神官さまにとっては、葵祭の当日よりも、御阿礼が一年で一番緊張される時やそうです。と書いてますちょうど今頃、本殿の北、漆黒の闇の中で秘祭が始まったころやと思います。
| 修学院 |
「みあれ」・・・
初めて聞く言葉です。
ここでいろいろお勉強させていただくと、あらためて、京都の歴史の長さと奥深さを感じます。
| もや |
ほんまにこの町はいろいろ奥が深こうて、わたしも日々勉強です。娘の日本史の教科書など見ながら、高校の時分に、もっと勉強しといたらよかったと..。
| 修学院 |
コメントする