ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 花彼岸 | main | 春霞 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |


清水へ 祇園をよぎる 桜月夜
今宵会う人 みなうつくしき
(与謝野晶子)

夜やのうて、朝やったんですけど、
祇園から清水へと..。

二年坂、三年坂..、桜の花びらよりも、
ひとの数の方が、多かったですわ(笑)


2008.04.04 Friday
| 都暮らし | comments(4) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
修学院 式 さま
数年前のことですが、瀬戸内寂聴さんの本を読んで「常照皇寺」へ詣りたくなり、東京から出かけたことがあります。
しだれ桜はすこし盛りを過ぎていたけど、お寺の佇まいと相まって、それは見事でした。
いつか桜の盛りの頃に、再訪したいと願っています。
| smilly |
>smillyさま

九重桜、一度見てみたいですわぁ!今度、お出ましの折は、是非お供させてください。新古今など、咲くより、散る歌の方が、たんとあります。今年は桜が見事やった分、散った後の余情もひとしおやと思います。


| 修学院 |
ご無沙汰してます。ブログ再開ということは、超多忙時期は乗り越えられたということでしょうか?
一年が瞬く間に過ぎ、もはや再び桜の季節と思ったら、すでに散り始め・・・。人生を感じさせる桜かな
| Saki |
>Sakiさま

こちらこそ、ご無沙汰しております。多忙ゆうても、ただ、要領の悪いだけで..、それでもちょっと手抜き加減が分かってきたかも知れまへん(笑)何にしても、しづ心のないことです。
| 修学院 |
コメントする