ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 葵祭の献茶式 | main | 大雪 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
コラム一年
六月に入りました。今月は蛍茶会や夏越の祓があります。鴨川にはとうに床ができてますし、下旬には室町界隈からは祇園囃子のお稽古も聞こえてくるでしょう。だんだん、夏に向こぅていきます。

MBSさんとこのコラムがあっぷされてます。今月は「雨の庭」とタイトルを付けてみました。このコラムもお陰さんで書き始めて、ちょうど一年経ちました。何とか続けて来れたのも、ひとえに皆さんの応援あってのことです。いつもいつも、拙い文をお読み頂いて、ありがとうございます。

また、遅筆に気ぃ長ぅお付き合い頂いてます、MBSのご担当の方、毎月すばらしいお写真を提供してもうてます川崎様、星野様にはほんまにお世話になってます。この場を借りてお礼申し上げます。

歳時記の体裁で書かせてもうてますさかい、二年目はおんなじことは書かれしませんし、さてどうしたもんやら..。ええアイデアがあったら、どうぞ教えとくれやす。
2007.06.02 Saturday
| - | comments(3) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
祗園囃子から一年ですか。ついこの間のような、ずいぶん昔のような・・・
修学院さんの名文に合う写真を探すのは楽しみですよ。
いままでのように、お題に合う写真がない場合、ちょっと出かけて撮影してくるというのができないのは残念です。
今後も、京都通を自負している人達を唸らせる文章を、よろしゅうお願いいたします。
| saki |
>saki様
ありがとうございます。お写真に助けられながら、なんとか一年。二年目はもう少し、この町に暮らす人々のことを書けたらなどと、思案中です。今後ともよろしゅうお願いします。
| 修学院 |
コラム一年、おめでとうございます。
いつも京都の風情を楽しんでおります。
これからも頑張ってといいますか、修学院さんなりの自然体で京都のよさをご紹介下さいね。楽しみにしています。
| m-tamago |
コメントする