ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 露の遊園地 | main | コラム一年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
葵祭の献茶式
ことしはとうとう葵祭は見られずじまいでした。ようよう見たら、平安装束はそれっぽいもんやのうて、むかしから伝えられてきたとおりの、ほんまもんやそうで、いちどじっくり見んとて思てましただけに、残念ですわ。

そのかわりとゆうたら何ですけど、葵祭の後祭として、下鴨さんで献茶式があって、行ってきました。ことしは官休庵さんのお当番でした。

先にお詣りを済ませて、境内を散歩してますと、お茶のせんせとばったり。せんせもお詣りしようと、はよ来たはったそうです。

そのまま、ご一緒してお献茶の前の茶席へ伺いますと、待ち番号の札がせんせ一番、わたし二番とゆう不吉な番号..。そうです、こちらでご紹介さしてもうた事態でして、お正客のなすりつけあいを師弟で演ずることに..。

「そら、せんせが..」「おだまりぃぃぃ、ここではその呼び名は禁止ぃ!」たらもう..。急遽、大せんせに助けを求めるも間に合わず..、はい、やらせて頂きましたお正客でびゅ。

幸い、ご亭主は山田松さんのご当主で、それはもう穏やかな方で、間抜けな正客をなんとか助けて頂きました。聞けば山田さんらえらい方々のお集まりで初めてされるお茶席やそうで、もう、そんなおめでたい席に分不相応もええとこで..、ほんまに大変な朝でした。

献茶式のあと、下鴨茶寮でお昼をよばれながら、点心をぱくぱく食べたはるせんせを、心の中でお恨みしてた次第です。
2007.05.29 Tuesday
| 都暮らし | comments(10) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
ご無沙汰しております。
修学院小習さんとせんせの 仲の良い師弟のやり取りの情景を思い浮かべ 
下鴨さんの朝をご一緒させていただいた気分になりました。
とにもかくにも 正客でびゅ おめでとうございます。
| シンタ・シーコ |
心構えなくお正客は、焦りますよね  先生はよい機会だと、お譲りなされたのですよ きっと〜(笑)

献茶式はまた違ったお点前で拝見すると、本来、茶道はこれが目的だったと言うか、始まりだったのでは〜 と思ってしまいます

下鴨茶寮さんの点心 戴いてみたいものです〜
| まりー |
おお、献茶式で正客とは緊張ですね!
でも、先生がお隣なら、ちょっと安心?!
京都のお茶会に参加したいものです。
| m-tamago |
あのお若くて、おきれいなせんせとのやりとり、目に浮かぶようです。修学院さまのブログは、いつも浮世離れしていてすてきなのですが、今日のもよかったです。

正客にならはったら、よけい修業せなあかん、とさぞかし思われたことでしょう。でも結構さまになっていたと思いますよ。

そんなお茶会によばれたいです。
| 真由美 |
>シンタ・シーコ様
お久しぶりです!
いや、最初は緊張しましたけど、途中からご亭主のお心遣いもあって、開き直れました。いろいろありましたけど、朝の糺の森は、やっぱり気持ちのええもんです。
| 修学院 |
>まりー様
あはは、良い師匠に恵まれました(笑)献茶式は独特ですねぇ。官休庵のお家元のお手前は初めて拝見させてもらいました。下鴨茶寮は..、まぁまぁです。
| 修学院 |
>m-tamago様
直前に大せんせが来られたのですけど、はるか遠くにいたはって..。官休庵のお手前はちょっと表さんに近いような感じでした。是非、京都のお茶会にいらしてください。ご一緒させていただきます。
| 修学院 |
>真由美様
いやぁ、恐縮です..。ほんまにええ経験をさせてもらいました。ご亭主の山田松さんとは、良いご縁ができました。こんなこともお茶の魅力ですねぇ。また、近々、京都にもお寄り下さい。
| 修学院 |
先生と子習さんのやりとり・・・思わず読ませてもらいながら笑ってしまいました(^m^)
あ〜あんな感じよろな〜っと!
でも修学院子習さんでしたら先生も安心されて任されたのでは?!
| 愛ちゃん |
>愛ちゃん様
ご想像のとおりで..(笑)しもちゃでは、ほとんど会話ものうて、となりのお客さん、ひいたはったわ。
| 修学院 |
コメントする