ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 学生の町 | main | いつもおおきに >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
上賀茂さんの神馬
去年の「夏越の祓」以来ですやろか上賀茂神社に詣ってきました。ちょっとご用事で寄せてもうたんですけど、ちょうど競馬会神事(くらべうまえじんじ)ゆう儀式をやったはりました。

舞楽装束の騎手をのせて、二頭の神馬が全力で駆けていく様はそら美しいもんなんですけど、わたしが立ってる数メートル先で、地面を蹴る蹄の音が地響きのように響いて、その迫力には圧倒されました。

せやけど、儀式自体はそんな仰ぎょうしいことはあらしまへんで、わたしらと神馬はロープ一本で隔てられてるだけで、いたって素朴な景色です。

その後に続いた庁ノ舎での儀式も、見たはるおひとより神官さんの数の方が多いくらいで、神官さん方もそこ此処でお着替えをしたはるは、いっとう格の高いお社やのに、気取ることのあらへん、ええ雰囲気でした。

今々、神社さんもお寺さんも、ライトアップたらいろいろ集客に精出したはる中で、むかしより続く儀式を淡々とされてる姿は、かえって新鮮に感じられました。

京が都やなかった古から、ずっとおいやす神さんと、お会いできたような気がしました。
2007.05.01 Tuesday
| 神仏のこと | comments(2) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
こんにちは!
お祭見物として、駆け回ってると、あまりよく考えたことがなかったのですが、修学院さんのコラムを拝見して、なるほど〜と思いました。
京都のあちこちの神社の中でも、そういえば上賀茂神社さんは、特に地元の方(社家の方)との絆がしっかりしておられて、格式高い中にも、ほのぼのとした印象が感じられるので、とても好きです。

下鴨神社の流鏑馬は、鎌倉の小笠原流の方の奉納ですが、上賀茂神社の競馬会をされているのは、社家の方とか。
どちらもすごく素敵でした。
| yuka |
>yuka様
先日はどうも。意外なとこでお会いしましたね。上賀茂さんの上品さと素朴さの対比は、ほんまに魅了されます。そんな空気のお写真が撮れたらいいですねぇ。
| 修学院 |
コメントする