ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 洛北は色さかり | main | 京ことばの綺麗なご本 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
明治のお庭
おとついは南禅寺のちかくにある無鄰菴に行ってきました。明治の中頃、山県有朋が小川治兵衛に作らさはったお庭で、なんでも、山県はんの郷里の里山に似せた景色なんやそうです。

そうゆうたら、池のまわりの芝生は開放的な感じで、伝統的な京都のお庭とは趣がちごてるようです。

東山を借景にしてるんですけど、円通寺などの古いお庭の借景が絵のような景色をしてるのにくらべて、リアルとゆうか、まるで、山とお庭が続いてるような印象を受けます。

新古今など平安のお歌でもそうですけど、現実を写すのやのうて、言葉の世界でのお遊びゆうか、あたまの中にある風景を愛でるような、ちょっと観念的な趣が好まれるようなとこが、この町にはあります。

川端康成はんが「古都」ゆうご本の中で、京都を「箱庭」と書いたはりましたけど、それはその通りなんやとおもいます。

くだくだと書いてしまいました。ようは美しい山河は都を出て、見に行けばよろしいし、なにも田舎の里山を洛中に作らんでもよろしいようにおもいます。

そんな、わたしみたいな頭の固い都人がきらいで、山県はんはこんなお庭をつくらはったんでしょう。京都にとっての近代とはそうゆうことやとおもいます。
2007.04.20 Friday
| お庭のこと | comments(6) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
無鄰菴のお庭は素敵ですね。
ちょうど近所に私の勤める和菓子屋さんのお店のひとつがあったりするので、どこか親しみを感じます。
植治さんこと小川治兵衛さんの残したお庭は、冊子などで拝見することがあり、いつかいろいろと回ってみようと思っています。

回ってみようといえば、五月の連休…たぶん五日の土曜日に、京都へぶらり旅に出かけることになりそうです〜。
楽しみ楽しみ。
| 銅鐘 |
>銅鐘様
実は今日もTVのお仕事で無鄰菴に行ってました。芝生を開放的に使った景色は、山県有朋が諸外国の客人を意識したはったのかも知れまへんなぁ。入洛の折、お時間があらはるようでしたら、ぜひお声がけ下さい。
| 修学院 |
無鄰菴 私も行きました
たしかになんか京都らしくないという感じをうけましたが、外国のお客様をお連れする目的もあったかも知れませんね
納得〜  建物が好きです  丁度訪れる人もいなくて、ぼんやり立っているとタイムスリップしたような奇妙な感覚に襲われた事思い出しました
| まりー |
無鄰菴、行ったことがありません。
名前は知っていて興味はあるのですが、次回京都に行ったら訪ねようと思います。
| m-tamago |
>まりー様
例の会議をしはったあの洋館ですね。ほんまにあの部屋だけ、明治の空気がそのまま残ってるようで、わたしもなんともいえへん不思議な感覚にとらわれました。
| 修学院 |
>m-tamago様
んー、m-tamagoさんにお気に召してもらえるかどうか..。せやけど、薮ノ内流の燕庵の写しは面白いです。もうちょっとお手入れしはったらとはおもいますけど、えらい安う貸してもらえるそうです。
| 修学院 |
コメントする