ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 山里の春 | main | 明治のお庭 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
洛北は色さかり
もう、賀茂川沿いの桜もずいぶん散って、葉桜になってしまいました。うちの近くの疎水の水面を彩ってた花びらも、もう少のうなってます。


ひさかたの

光のどけき 春の日に

静心なく 花の散るらむ

(紀友則)


有名なこのお歌ですけど、いく枚がはらはらと舞ぅてる景色を詠てはるんやろねぇ。桜吹雪みたいなお武家はん好みの風情は、この町には似つかわしないような気ぃがします。

桜が散ったあとには緑があでやかに感じられますねぇ。今日も庵への行き帰りずっと見えてる山々の蒼や緑の生き生きとした様に、ことし初めて気がつかされました。

高野川には菜の花が咲き乱れてますし、遅咲きのなごり桜もこんどは引き立て役にまわってます。みなもはきらきらして、見上げると、よう晴れた蒼い空には、白い雲がぽっかりと、早くも初夏の予感を浮かべてました。

洛北は今、いろんな色に溢れてます。
2007.04.17 Tuesday
| 京の自然 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
突然コメントさせて頂きます。

素敵なお歌ですねえ。
そう思ってふと、とてもとても昔の歌が、今でも素敵だと思えることが、これもまた素敵なことだと思いました。

そういえば、このページでも花びらがよい感じに舞っていますね。。。
| eno |
はんなりした京都弁におばの美容室にきていた、ういういしい舞子さん、思い出しました。
ありがとうございました。
早速ブックマークにいれさせていただきました
| ryo |
春らんまんなのになぜか見えます。夏近しですね。
桜も終わり今週茶杓の銘は何言おう。あれはまだ早いし、これは来週・・・悩みも楽しみです。 
不思議!修学院さんの言葉で葉桜はんさえ、私の中で存在感を増して、名残おしゅう感じます。
| かな |
>eco様
ほんまに千年もむかしのお歌が今でもどきどきするほど素敵なのは、それこそ素敵なことですねぇ。ときどき、いにしえのおひとと、お歌を通して時を超えて繋がってる感じがします。そう感じられるのが、この町の良さやとおもいます。
| 修学院 |
>ryo様
ありがとうございます。舞妓ちゃんはきっと花街のことばで、さぞはんなり喋ったはったんでしょうねぇ。京ことばも中京や西陣でもちょっとちごてて、それも楽しいことです。また、お手隙の折でもお寄りください。
| 修学院 |
>かな様
茶杓の銘は気取りすぎてもあかんし、平凡やともっとあかんし..、毎回悩むとこですねぇ。
寂しくもありますけど、季節がうつろう時を感じるのは楽しいことでもあります。
| 修学院 |
コメントする