ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 雪のお彼岸 | main | まぼろしの桜里 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
桜が咲き始めてます
ご無沙汰してるあいだに、すっかり春めいてきました。桜は二分咲き、三分咲きゆうとこですやろか、洛中はこれからしばらく賑やかなことになるでしょう。

京都はどこへ行ってもそれぞれの趣をもった桜が見られますなぁ。よう、どこの桜がお奨めですかって聞かれますけど、ほんまに色々ありすぎて..、「どうぞ、お好みで」としか答えようがあらしまへん。

今月の「京都見聞録」では疎水の桜について書かせてもうてます。お手隙の折りにどうぞ、お目通しください。

お花見たら賑やかなんは苦手ですけど、庵の社中の方々と、山桜の下でお茶会をゆうことになって、来週は京北町まで行ってきます。

そうゆうたら、光源氏が紫の上と初めておうたんは、やっぱり桜咲く北山の奥深い里でしたねぇ。「若紫」の巻を読み直してみましょか。
2007.04.01 Sunday
| 京の自然 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
こんにちは。
京都は大好きな場所なのに、桜の季節にはまだ行ったことがありません。大好きな桜を大好きな京都で愛でてみたいものです。
京都見聞録、読ませて頂きました。
華やかな桜とは違ったしっとりとした京都の風景を楽しませて頂きました。いいものですね。
| m-tamago |
>m-tamago様
いつも拙文をお読み頂いて、ありがとうございます。今日の庵の手前座には桜の花風炉先が置いたぁりました。是非、華やかなばかりやのうて、しみじみとした京の桜を見にきとくれやす。
| 修学院 |
地元の桜のトンネルをくぐってきました。
桜吹雪がきれいでした。

でも、京都の桜っていうと、何か、特別な気がしますよね〜。
より雅な感じ!ありがたや〜って感じです!(笑)
華やかな京都の桜、見たいです!
人混みは苦手ですけど・・・(^^;)
| ルナ |
>ルナ様
是非、見に来とくれやす。ほんまにいろんな種類の桜がたんとある町です。咲く時期もいろいろですさかい、結構、長いこと楽しめます。
| 修学院 |
コメントする