ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 春彼岸 | main | 桜が咲き始めてます >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
雪のお彼岸
雪のお彼岸になりました。お墓に参らはった方には、おしょらいさんが白う舞うたはったように思えたことでしょう。冬が緩んでほっとした心には、初春の寒さはつらいもんがありますけど、白い彼岸はまたしみじみしたもんかも知れまへん。

明日からは旧暦で如月にはいります。


願わくば

花の下にて 春死なん

その望月の 如月の頃

(西行)


生涯、花を想たはった西行はんの「頃」がじきに来ますねぇ。このお歌を読んでますと、やっぱり如月は二月やのうて、花の時分なんがよう分かります。

白から桜へ、季節が変わっていきます。
2007.03.18 Sunday
| 京の歳時記 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
桜の季節が参りますね。大好きなときです。
白から桜へ、淡くも鮮やかに移りゆきますね。

西行法師の気持ちがわかります。
私も桜の木の下に眠りたい。でも、人里はなれたところで。
花見の酔っ払いのいないところで。。。。
| m-tamago |
西行さんの歌 私も大好きです 忘れてはいたのですが(^_-)
なんか人間の最高の死に景色というか、最期ですよね・・

今年こそ訪都が、桜の頃になると思っていたのですが、桜も一休み状態ですか〜 きっとまた咲いてないでしょうねー(-_-;)
| まりー |
皆様、先月は無駄にばたばたしてて、お返事が遅れて申し訳ございません。

>まりー様
もうご入洛されたんでしょうか?桜はこれから見頃になってきます。西行さんはどこの桜を想て詠わはったんでしょうかね?

>m-tamago様
人里離れた桜ゆうたら、山桜ですねぇ。来週、北山の深いとこまで行って、お茶会に参加させてもらいます。お酒は出ぇへんとのことです(笑)
| 修学院 |
コメントする