ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 狸の嫁入り | main | 雪のお彼岸 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
春彼岸
ここんとこ、寒の戻りがきびしいですねぇ。明日からは彼岸の入りです。ぼちぼちぬくなって来たらいいんですけど、鳥辺山はまだまだ寒そうです。ほんまはゆっくりお墓参りに行きたいんですけど、此岸のもろもろで思うようにはいかしません。

そんなんで、今日は一日お掃除してました。思てたよりも時間がかかってしもて、終わったらくたくたで、ぼた餅ももうよう買いに行かれしまへんでした。

せやけど、わたしはぼた餅よりも、桜餅のほうがずっと好きですわ。塩づけの桜の葉ぁの香りがなんとも春らしいです。お齊をよばれたら、あとは桜を待つばかりです。

あっ、そうゆうたら奈良のお水取りはもう終わったんですねぇ。まだ一度も見たことがのうて、今年はて思てたんですけど..、また来年ですわ。
2007.03.17 Saturday
| 京の歳時記 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
桜の咲くころ、京都に行きたいです…
| まっきぃ |
私も桜餅の方が好きです!
あの桜の葉の香りがなんともいえず、幸せな気分にしてくれます!
桜餅と言えば、関西と関東では違いますよね〜。
私は、関西風の道明寺が好きです。

早く、あたたかくなるといいですよね〜!
| ルナ |
>まっきぃ様
ようこそ、おこしやす。

ぜひおいでください。釜をかけてお待ち申し上げてます。
| 修学院 |
>ルナ様
ようこそ、おこしやす。

そうなんですか。関東の桜餅、ぜひ食べとうなってきました!香りとひかえめな塩味が甘さを引き立てて、ほんまに幸せな気分になりますねぇ。彼岸の明けにはぬくなってるでしょう!
| 修学院 |
コメントする