ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 下鴨さんの流し雛 | main | 洋服は合わしません >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
雪月花
今日は朝から清水に行って来ました。ええお天気でしたけど、舞台のうえに吹く風は冷とうて、まだまだ寒い日が続きます。縁結びで有名な地主神社では、若いおひとがたんといたはって、「あっ、なんたらちゃんのこと頼むのを忘れてた!」たら賑やかなことで、ほんまに何人とご縁を願うてる事やら..。

修学院では夜になると、雪がちらついて、今宵は冷えそうです。

あくがれし

雪と月との 色こめて

こずゑに薫る はるのやまかぜ 

(定家)

あくがれてんのは花ですやろねぇ。雪と月との情緒を移して薫る夜の花を、風に感じて歌たはります。

月並みなことばですけど、雪月花。
今は景色として、目の前にあります。
2007.03.06 Tuesday
| もののあわれ | comments(6) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
「雪月花」、なんとも素敵な言葉なんでしょうね。
「花鳥風月」の次に私が好きな言葉です。
私が想うこの国の、美しい自然を表現した言葉であり、この短い言葉を見るだけで、心の中にたくさんのイメージが浮かんできます。
| 銅鐘 |
雪月花、花鳥風月、山紫水明・・・
平安時代の京都は美しかったんでしょうねえ
現代でもこれらの言葉が似合うのは京都だけでしょう、現実には環境悪化や破壊が進んでいるにしても
| saki |
ほんまですねぇ。
これらの言葉は、ただ景色だけやのうて、そこにあって、暮らすひとびとのこころの様をも表してんのやと思います。両者は分けられへんもんなんやと思います。
| 修学院 |
>saki様
ようこそ、おこしやす。

環境の破壊はみんなでもっと考えていかなあかん問題ですねぇ。せめて、こころのうちだけは、むかし人と同じようにありたいと思います。
| 修学院 |
雪月花という言葉を聴くだけでなんだか力がふっと抜ける感じがします。
毎日放送さんのコラムも読ませて頂きました。
修学院小習さんのところにくると、京都のよさをまた改めて感じます。
これから桜の季節で賑わうことでしょうね。
| m-tamago |
>m-tamago様
ようこそ、おこしやす。

ありがとうございます。いつもコラムは遅筆で皆さんにご迷惑かけてます。次は桜がテーマでしょうねぇ。頑張ります(笑)
| 修学院 |
コメントする