ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 下鴨神社の春 | main | 武者小路千家の宗匠 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
魔と暮らしてます
先日ご紹介させてもうたお湯葉屋さんの裏には、小ぶりのお庭があって、池に金魚など飼うてはります。せやけど、さすがに古いお屋敷のこと、やっぱりここにも「魔」が住んだはります。

「魔」ゆうても恐ろしいようなもんやのうて、しっとりとして上品な「気」です。永い時間に育まれた、苔のように、このお庭にあって佇み、何代もの営みを見守ってきはった気配は、善や悪、ご利益云々ゆうもんやのうて、京都ゆう町の本性かもしれまへん。

とつぜんに今までの佇まいが壊されて、景色が変わるんわ、さぞ迷惑な話ですやろねぇ。新しい建てもんやお庭に馴染んでもらえるように、出来るだけのことはせんとあかしまへん。

都会に暮らしたはる方からみたら、あほらしい話しに響くかも知れまへんけど、わたしらは平安のむかしから連なる目に見えへん存在と、いまだ一緒に暮らしてます。
2007.02.22 Thursday
| お庭のこと | comments(6) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
現代人が忘れてしまった、「魔」との共存を、今も大切にしている京都の人々ってステキです。
その「魔」がなんともいえない雰囲気を醸し出すように思えます。
「魔」も一緒に、新しい住処になじむといいですよね〜!
| ルナ |
最近は魔の感じられる場所が少なくなったのは残念ですね

それだからこそ残したいと思われる修学院小習さんは素敵です
それにしてもいろいろ才能がおありですねー
次は何を披露してくださるのか・・うふふ
| まりー |
タイトルを拝見して、何事?!とビックリしましたが、善悪とは次元の異なる「気」で安心しました(笑)

たしかに・・・人間だけの住処ではないですものね。新しくなっても「魔」さまにも気に入ってもらえるとよいですね
私は、その感性に感服!です。
| yuka |
>ルナ様
ようこそ、おこしやす。

いろいろクリアせんならん事が多いですけど、
新旧がうまいこと馴染めるように頑張ります!
| 修学院小習 |
>まりー様
ようこそ、おこしやす。

いえいえ、無芸無学の徒です。
みなさんに助けてもうて、見よう見まねでやってます。
あんじょういって、新しいお茶室で自服するんが夢です。
| 修学院小習 |
>yuka様
感性なんてハイカラなもんやのうて、小さい頃から
馴染んだ気です。自分の一部みたいなもんです。
yuka様のレンズにも映るとよろしなぁ。
| 修学院小習 |
コメントする