ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 季節しらずの冬 | main | 下鴨神社の春 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
ゆば庄さんが新しくなります
いつやったか書いてました、「ゆば庄」さん、実はことし建て替えはることになってて、わたしもこの立派なプロジェクトに参加させてもうてます。

京都では、おゆば屋さんは豆腐屋さんやお麩屋さんとはまた別のおたなで、工場でつくりたてのゆばを、料亭はんとかに卸したはるのが常やそうです。

なんどもお邪魔させてもうてますけど、お顔をあわせる職人さんたちは、どなたも清潔な身なりで、礼儀正しゅうて、こんなとこにも老舗の格が滲みだしてます。

120年から続いてる老舗ですさかい、柱にも梁にも、時の重みが感じられます。リニューアルゆうハイカラな言葉から、ともすればこぼれ落ちてしまう昔からの伝統を、きっちり新しい器に移していく、お手伝いができたらとおもてます。

こんどは「ゆば庄」さんでお料理も頂けるようになりますので、秋に店開きの折は、繊細なおゆばの味をどうぞみなさん、お楽しみください。
2007.02.19 Monday
| 都暮らし | comments(4) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
湯葉、大好きなので、楽しみです!
| yuka |
京都といえば湯葉。
ゆば庄さん、知りませんでした。秋の店開きのあと、是非伺いたいです。
修学院小習さんはどのようなお手伝いをなさるのでしょう。
| m-tamago |
>yuka様
ようこそ、おこしやす。

工事中もお隣の仮店舗で営業されたはるので、機会があったら買うてみてください、絶品です。
| 修学院小習 |
>m-tamago様
ようこそ、おこしやす。

お茶室もつくろうと思てますので、その節は是非に。
建築、お庭、お料理や器、室礼など、それぞれにご専門の方がいたはるんで、わたしはみなさんが存分に腕を発揮していただくための、環境づくりみたいなお仕事をさせてもうてます。
| 修学院小習 |
コメントする