ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< ほうらく割りをしました | main | 蝋燭の灯りがゆれて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
白梅に雪景色
今年は梅の咲くのが早ようて、なんや勝手が変ですけど、そのおかげで、今日は白梅に雪の景色が見られたそうです。武蔵様のお写真を拝見させてもうてて、早起きして天神さん行ったら良かったて後悔してます。

雪ふれば

木ごとに花ぞ さきにける

いづれを梅と わきてをらまし

(紀貫之)

「どの木も雪が花のように積もって、どれを白梅と思って折ったら良いのやろう..。」

まさに、こんな景色ですねぇ!さすがに洒落もんの貫之はん、木ごととゆうて木毎、みごとに梅にかけたあって、ますます春の楽しさが伝わってきます。


もっとたんと降り積もると..


花の色は 

雪にまじりて 見えずとも 

香かをだににほへ 人の知るべく

(小野篁)

篁はんは、また艶っぽいお歌ですねぇ..。
2007.02.02 Friday
| もののあわれ | comments(0) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする