ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 九州の焼き物 | main | 煤払い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
障子のむこうの冬
今日はせんせに暮れのご挨拶がてら、久しぶりのお稽古でした。ふだんは日曜は休んだはる嘯月はん、今日はなんやお茶会があったそうで、めづらしゅうやったはって、何ともとろけるようなお味のきんとんでしたわ。

冬枯れのお庭の木々はずっと風になびいてて、お庭に面した波打ちガラスごしに寒さが伝わってくるようでした。今は、エアコンたら上品なもんがありますさかい、お茶室の中はあったかいもんですけど、ほんまはそれも、せんないことかもしれまへんなぁ。

小さい頃はストーブこそありましたけど、外の冷気とは障子一枚、襖一枚隔てて、じかに向かいあってました。母屋から離れにむかう板張りの縁は、足の裏が痛なるほど冷たかったんを覚えてますわ。

北海道の方でも京都に来はると寒いてようゆわはります。なんでも北の国は家の中はものすご暖こうしはるんやそうです。やっぱり京都のおひとはケチやさかい光熱費を抑えたはるんやわぁてゆうのんが定説ですけど、それだけでもないですやろねぇ。

寒いときは寒いもんとして、季節に従うて暮らしていくんが、この町らしいんかもしれまへん。触れた茶碗のぬくもりや、お炭の赤々とした美しさは、寒い中でしか味わえへんもんがあります。

盆地ゆえの厳しい気候は、住む者にイケズな性分だけやのうて、四季に感ずる繊細な感覚も与えてくれてるようにおもいます。
2006.12.17 Sunday
| 中京の思い出 | comments(6) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
とろけるようなお味のきんとん!
うわぁ〜!食べてみたいです〜!O(≧▽≦)O

昔はみんな四季を肌で感じて生活してきたのですよね〜!
今は、忘れてしまった、その感覚を、京都の人達は、感じて生活しているのですね!
寒い時は、寒さを楽しむ。暑い時は暑さを楽しむ。
風流ですね〜!
最近は、季節を忘れがちになっていましたが、ちゃんと四季を感じなくてはいけませんね!^^
| ルナ |
嘯月さんのきんとん〜あぁ〜食べたい〜
想像しただけでよだれものですぅ。。。

でもほんまに京都は寒いですねぇ。
うちの工場も夏は殺人的な暑さなんやけど、
冬になると、凍えるような寒さになります。



| 愛ちゃん |
おっしゃるとおりですね。
寒い時は温かい場所、暑い時は涼しい場所を求めてしまいがちですけど、実は寒い時は寒い場所、暑い時は暑い場所に行く方が食事もおいしく季節を楽しめるのだとか。
はーっと吐く息が白いこと、霜柱を踏んで歩いた通学路、季節を感じるものは案外身近にあったりして。
季節感のある生活をしていきたいものです。
| m-tamago |
>ルナ様
ようこそ、おこしやす。

わたしんとこも、今はエアコンがありますさかい、無粋な感覚になってますけど、なるべく季節を肌で感じんとておもてます。そうゆう時間を意識してへんと、どんどん鈍くなって
しもて、自然の気が受けられへんようになって、却ってしんどなってくる気がします。
| 修学院小習 |
>愛ちゃん様
ようこそ、おこしやす。

きんとん..絶品でした!
ほんまに京都は地面の底から冷えてくるようで、これからはつらい季節やなぁ。せやけど、修学院は愛ちゃんとこより西陣より、もっともっと寒いでぇ。ほんま朝はなかなか布団が離してくれへんわ(笑)
| 修学院小習 |
>m-tamago 様
ようこそ、おこしやす。

仰るとおりですねぇ。名物やTVやのうて、ごく身近に感じるんが季節ゆうもんやとおもいます。冬の広縁に暫し座ってますとピンとした空気に、葉に留まる一溜まりの陽など、なんとも優しげな気配を感じます。こうゆう記憶が積み重なって京都の美意識を作ってきたんかもしれまへん。
| 修学院小習 |
コメントする