ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< お庭 | main | 大江能楽堂 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
中京のこどもたち
こどものころゆうたら、もう三十五、六年も前のことになりますけど、四条や寺町京極の辺りはえらいにぎやかで、草木や土にはあまり馴染みの無い土地でしたなあ。かぶとむしゆうたら、大丸の屋上にいるもんやおもてました。御所まで行けば広い遊び場もありましたけど、中京からはこどもの足では、とお感じて、月に一度も行けへんかったです。
あっ、実は、中京は四条、河原町、御池、烏丸に囲まれた範囲やと、結構おおきいなるまでおもうてました。ここでは便宜上そうおもといてください。室町の方、すんまへん!

同級生には商売人の子らが多かったです。会社勤めの方はなんや肩身狭いおもいしはったんちゃいますやろか?まあ、日銭入るお仕事ですし、そこそこ小遣いに恵まれて、こまっしゃくれて早熟な子らばかりでした。PTAはそら何代もご近所ゆう土地やし、親どうしの確執やら、なんやら、微妙にクラスにも反映されてましたなあ。教室は「小さな中京」でした。

それも、最近は子らがおらんようになって、私の行ってた小学校もとっくに廃校になってます。児童公園もなんや活気がのうて..。三条や御幸町は、今はおしゃれなお店がぎょうさん出来て、それはそれで嬉しいんですけど、そこらへんを我が物顔でローラースケートに興じるちいさい子らが見れへんのは、なんやよそさんの土地になっていくような、ちょっと寂しい事やねえ。

そやけど、今でもたまに錦をあるくと、同級生のお店が昔と同じように繁盛されてるのを見かけて、嬉しいなります。同窓会など、絶対ないような土地柄ですけど、風の噂に、級友たちの消息をええことも、わるいことも、耳にしたりします。


みんな、がんばってな。ぼくもがんばってるし。
2006.05.04 Thursday
| 中京の思い出 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://syugakuin.jugem.jp/trackback/13
トラックバック