ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 八瀬童子のお祭り | main | 真如堂の午後 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
以心伝心
紅葉もまだまだですけど、この連休中は他府県ナンバーの車がようけ道にあふれてました。なるべく観光はマイカーやのうてと市は呼び掛けてるようですけど、電車もあまりあらしませんし、バスももひとつ不便で、車に頼らはるのも仕方ありまへんなぁ。

休みの日ぃなどは、わたしらは中の小路を通って、なんとか渋滞を避けてます。よう、地図を見ぃみぃ運転したはるおひとをみかけますけど、京都の地名はよみと字ぃがちごてるとこがたんとあって、やりにくいですやろなぁ。

有名なとこでは烏丸通です。まぁまぁ、タクシーに乗って、「とりまる四条」ゆうても「からすまる三条」たらゆうても、まちがいのう連れて行ってもらえますけど、「からすま」が正しいのです。東山の知恩院は「ちおんいん」やのうて「ちおいん」ですし、中の小路など、富小路や柳馬場はそれぞれ、「とみのこうじ」、「やなぎのばんば」です。考えたら、ややこし通り名ですなぁ。

そういえば、京阪電車など、七条駅を「しちじょう」、四条駅を「しじょう」とアナウンスしはるんで、居眠りしててあわてて降りたら、四条やのうて七条やったことも一度や二度ではあらしません。普段はごっちゃにならんよう、「ひちじょう」とか「ひっちょう」とかゆうてますけど、車掌はんには是非「ななじょう」でお願いしたいもんです。

そうそう、お恥ずかしい話ですけど、東京に行く折り、気があせるのか、京都駅の八条口と、東京駅の八重洲口をなんでか、てれこにして、タクシーの運転手はんにゆうてしまうときがあります。運転手はん、よう心得たはって、たいてい「はい、八条口ですね」って分かってくれはりますわ。もう、こころで赤面しながら、「はい、お願いします」て標準弁で答えてます。

これからの観光シーズン、嵐山など渋滞もたいそうなことになってきますけど、どうぞ、観光にみえられる方は、安全運転で要領ようまわっとくれやす。
2006.10.09 Monday
| 京都らしさ | comments(4) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
京都の地名の読み方って、難しいですよね〜!
でも、それが魅力でもあるように思えます。
なんだか、ちょっと違う世界のような・・・(^^)
京都独特のこだわりをみるようで、いいなぁ〜って思います。

標準弁ですか・・・(*^▽^*)あははっ
そうですよね!標準語じゃなくて標準弁なのですね!
こころの中で赤面しながら標準弁っていうのがおもしろかったです!
| ルナ |
きょうから車のナンバーが増えます。

新しい番号をつけた車が京の町を走ることでしょう。

大阪は、新たに「堺」が増えて、大阪、なにわ、和泉と4つになります。お騒がせ致しますがよろしゅうに。
| ケン茨木 |
>ルナ様
ようこそ、おこしやす。

あっ、標準語ぉです、失礼しました。こんな言葉使うし、京都はお高くとまってるように思われるんですやろねぇ。まぁ、実際、京都以外はみんな田舎やて思たはるおひともたんといたはりますけど..。わたしは、そんなことありまへん(汗)。
| 修学院小習 |
>ケン茨木様
ようこそ、おこしやす。

うけたまわりました(笑)。お若いひとやったら、自転車などは移動にお奨めなんですけど、お寺とかに駐輪場があらしまへんし..、困ったことです。今日は五十日でしたけど、大路は落ち着いてましたわ。
| 修学院小習 |
コメントする