ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 露の底 | main | 中京の鎮守の森 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
癒しの街、争いの街
京都で先の大戦ゆうたら「応仁の乱」を指すて物言いは、今でもたしかに耳にします。当時は都のほとんどが焼け野原になってしもて、かろうじて「構」によって囲まれた、「上京」と「下京」が室町通りで結ばれた、ちいさい町になってしもてたそうです。そこまで遡って、もともと、どこそこは..って、場所の格付けが大好きな、お年寄りには格好の枕詞になってますわ。

まぁ、京都にとってそんだけ「応仁の乱」は再出発の原点やったんでしょうなぁ。さすがに「応仁の乱」以前から続くおたなは、そうそうあらへんとおもいます。

都が荒れ果てたんは、この時ばかりやないようです。幕末の「蛤御門の変」では、洛中は三日三晩、燃え続けて街の3分の2を焼いたて聞いてます。大砲の音がどんどん鳴ってたんで、この大火を「どんどん焼け」てゆうてます。

もちろん、幕末の体験を語るおひとなど、会うたことはあらしまへんけど、まさに先の大戦、太平洋戦争のころの話は母や叔父から、よう聞かされました。当時は京都も空襲に備えて、お子たちは若狭のほうへ疎開してたそうです。来る日も来る日もカボチャばっかり食べさせられて、叶わんかったらしいです。「戻り橋」から出征して、帰ってこられへんかった若者もたんといました。あっ、こんなことは終戦記念日にでも書くべきことでしたなぁ。堪忍。

京都に来ると、癒されるてゆうてくれはるおひとも、たんといたはりますけど、この街は、むかしからぎょうさんの死を見つめてきました。魔や霊も永い時間にはぐくまれて、この街の一部になってます。
2006.09.17 Sunday
| 都の歴史 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
京都は当時の権力によって創造と破壊を繰り返してきましたね。そのたびに京都の景観は大きく変わったんでしょうが、当時の景観を時代ごとに観てみたいものです。
現在は戦争ではなくじわじわとしかし早いスピードで破壊と創造が始まっていますが、それは気がつきにくいですね。
いつまでも癒しの街と呼ばれる街であって欲しいです。
| Saki |
京都の方が曖昧な物言いをするのは、いつも政権がかわり、どちらにつくのかはっきりさせないためだったって聞いたことがあります。それだけ、争いが耐えなかったと言うことですよね。
戦争中、カボチャしか食べなかったという話は、母からも聞いたことがあります。私はカボチャ、大好きなのですが、母は、もう食べたくないと言っています。食べたくないほどなんて、どれだけ食べたのか、想像も出来ません。

戦争は、すべてを焼き払ってしまいます。
常に、そんな危険にさらされて、京都は生きてきたのですね!
| ルナ |
>Saki様
ようこそ、おこしやす。

まさに、仰るとおりです。燃えたもんは、また作ればよろしけど、作る知恵がのうなってしもたら、もう終わりです。現在の破壊の進行はなんとしても、止めなあきまへん。
| 修学院小習 |
>ルナ様
ようこそ、おこしやす。

京都も戦争とけっして無縁ではありませんでした。うつろいゆく権力に左右されて、いつしか醒めた無常観がこの街の底に流れるようになったんかも知れまへんなぁ。
| 修学院小習 |
コメントする