ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
<< 夜長月 | main | 起きて半畳、寝て一畳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
御所は広すぎて
京都の中心には、みなさんよう知ったはるとおもいますけど、御所があります。京都御苑ゆうんが正式な名ぁらしいですけど、京都で御苑ゆうてもまず通じまへんやろねぇ。わたしもその正式名称を知ったんは、最近のことです。

御所は京都では数すくない、ずっと向こうまで見通しの利く場所です。門をくぐると、目の前の景色がぱあっとひらけて、気持ちがおおらかになるように感じますなぁ。夏は暑うて、とてもよう歩けしまへんけど、涼しなってくる今時分の夕刻、ぷらぷら散歩するのはええ気持ちです。

御所は平安の建てもんの立派なことよりも、自然のゆたかなことがよろしなぁ。オオタカやアオバズクなどの野鳥、いろんな形や色の蝶や虫、一年中なんかしらの花咲く草木..、あと亀もいてますなぁ。

幼い頃、いつもはごみごみした中京の町中にいてましたんで、たまに御所まで、足を伸ばして遊びにいきますと、その敷地の広さ、木々の美しさに、時間の経つのも忘れて、夢中になって遊んでました。そうこうしてると、もうあたりが暗なってるのに気づいて、はよ帰らなとおもうのですが、御所の門はどこも似たよな造りなんで、まちがって、きた門とちがう門から出てしまうこともしばしばありました。

パニックです。

広大な御所の門は、中京にも上京にも通じてて、敷地の四辺はそれぞれ別の町に面してます。見知らぬ通りを目の前に、西も東もわからんと、不安に押しつぶされそうになりながら、半泣きでとぼとぼと闇雲に歩いてたんが昨日のようですわ。
2006.09.03 Sunday
| 中京の思い出 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
2008.06.30 Monday
| - | - | - |
この記事に関するコメント
幼い頃に遊んだ思い出深い場所が 何十年経ってもその姿を留めていると言うのは嬉しいことですね。
ましてやその場所が 自然に恵まれ四季の移ろいを感じられるところとなればなおさら感慨深いです。

大人になって訪れた時 目の前を走り抜ける子供の姿に 幼かった頃のわが身をだぶらせ 修学院小習さんも目を細めてご覧になっているのでしょう。

帰り道の門を間違えて心細くなった時のことを思ってみるだけでも胸がキュンとなりそうです。
| シンタ・シーコ |
>シンタシーコ様
ようこそ、おこしやす。

そうですねぇ。この街も時が経つにつれ、いろいろ変わってきてますけど、御所は昔からおなじ景色を保ってくれてます。人生の折々の思いを胸に、ここを歩いてきたひとは、たんといたはるとおもいます。その思いはひとりひとりそれぞれで、他者と通じ合うには、御所は広すぎるかもしれまへん。
| 修学院小習 |
コメントする