ようこそ、おこしやす、修学院 式と申します。
今の京、昔の京、思いつくままに書き散らかしてます。どうぞ、ごゆるりと。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2008.06.30 Monday
| - | - | - |
夏越の祓


「風そよぐ ならの小川の 夕暮れは みそぎぞ夏の しるしなりける」と百人一首に歌われてます、夏越の祓がことしも今宵、行われました。松明に朱と照らされた小川を、紙のヒトガタが、ゆらゆらと下る景色はいつもなんやもの悲しいもんです。せやけど、水面をわたる風は夏のかほりをほんのり含んで、袂にひいやりとどまります。茅の輪をくぐれば、こころの内に祇園囃子も鳴り出します。京都の夏が始まりました。



うちに帰ったら、水無月をよばれて、一段落です。


2008.06.30 Monday
| 京の歳時記 | comments(22) | - |


床のぼんぼりが鴨川の水面を彩ってます。床は今時分がちょうどよろしいと思いますわ。たんとのお料理よりも、朱色に染まる北山と、川面にわたる風が、いちばんのごちそうです。今日よばれた「幾松」さんは、明治維新の舞台やそうで、いろいろ女将はんが説明してくれたはったんですけど、悲しいことに無学ですさかい、ちんぷんかんぷんでしたわ..。
2008.06.25 Wednesday
| 都暮らし | comments(3) | - |
葵祭


清々しく晴れ渡った今日は、葵祭が行われました。今年の斎王代は菊乃井の若女将さんやそうで、新調しゃはった十二単姿は遠目にも、えらいあでやかでした。参拝席の中は車争いならぬ、カメラ争いで、写真を撮りに立ったはる方々に、後ろから「わたしら、はよから来てんのに、なんであんたら前に立つの!」とお叱りの声が聞こえたり..、千年前と変わらんと、まあ、賑やかなことでした。



長く続くお祭りも「走馬の儀」をもって、終わりますけど、実はこのあと、賀茂族の方々によって、境内の裏の御阿礼野で、もういちど「走馬の儀」が行われるんです。この儀が行われる場所は、平安の昔、代々の斎王がお祭りの夜にお泊まりになられた、御阿礼所前の神館(こうだて)跡です。きっと、いにしえの斎の方々も、森の中を疾駆する、美しい馬の姿を愛でられたことやと思います。
2008.05.15 Thursday
| 京の歳時記 | comments(2) | - |
御阿礼


明日の夜は上賀茂神社で「御阿礼」(みあれ)がおこなわます。この神事で神様をお迎えして、いよいよ葵祭が始まります。「御阿礼」は古代より、神職以外の者が立ち入られへんお決まりですさかい、内容もまったく分からしません。

九日の例の会の折に、ぶしつけに神官さまにお聞きしたところ、お祭りの意味などは教えて頂きましたが、具体的な事は、「これ以上は..」とえらい困ったお顔をされて、かえって、わたしが恐縮してしまいました。

二千年つづく秘密など、なかなかこの世にはあらしませんねぇ。

写真は、賀茂さんのほど近く、太田神社の沢です。今年も杜若がたんと咲きました。ちょうど今が見頃やとおもいます。

2008.05.11 Sunday
| 神仏のこと | comments(4) | - |
春霞


散り散らず おぼつかなきは 春霞
たなびく山の さくらなりけり
(新古今115)

昨日は叡山へと、午後から雨が降るゆう事でバスで向かいました。
歩くと二時間半、えらいきつい山道なので、残念なような、ほっとしたような..。
あたり一面、さくらも、峯も、みぃーんな、春雨に霞んで、
淡い色重ねを楽しませて頂きました。


2008.04.08 Tuesday
| 都暮らし | comments(4) | - |


清水へ 祇園をよぎる 桜月夜
今宵会う人 みなうつくしき
(与謝野晶子)

夜やのうて、朝やったんですけど、
祇園から清水へと..。

二年坂、三年坂..、桜の花びらよりも、
ひとの数の方が、多かったですわ(笑)


2008.04.04 Friday
| 都暮らし | comments(4) | - |
花彼岸
東京でははや、桜が咲いたそうです。きのうはおはぎもよばれましたし、いよいよ、春も盛りですねぇ。

ねがはくは 花のもとにて 春死なむ
そのきさらぎの 望月の頃

そのことのは通り、西行はんの命日は明日やそうです。月の光を透かしてみる桜花に、なにを想て、その波乱の人生を終えはったんですやろ。享年、73歳。わたしなどまだ、ピヨピヨです。もうしばらく、なんの花のもとでか、考えさせてもらいましょ。
2008.03.22 Saturday
| 京の歳時記 | comments(5) | - |
今年初めての賀茂会
源氏物語千年紀イベント 上賀茂神社 源氏物語 「花の宴」、今年初めての例会をさせていただきました。今回も上品なお客様ばかりで、おかげさまでとてもええ雰囲気で時間を過ごす事ができました。ただ、例によって、わたしの話が長うて、予定よりおしてしもうて、禰宜様のご登場を30分もお待たせしてしまいました。時間通りにお話するゆうんわ、ほんまにむつかしもんですねぇ..。会が終わった後、社務所で「今度こそは時間通りにぃ!」てお詫びすると神職の皆様に大笑いされてしまいました。(次回も無理かも..)



2008.02.16 Saturday
| 都暮らし | comments(4) | - |
大雪
大雪ゆうたら、北国の方に笑われますやろけど、今日は日がな、ぼたぼたと、粒の大きな雪が降ってました。カメラを持って久しぶりに下鴨さんへ詣でました。糾すの森も真っ白にけぶって、いつもとはちょっと雰囲気の違う景色でした。



その後、上賀茂さんへ。ここのところ、鬱々としてたのですけど、神官さんの笑顔に元気を頂いた気分です。雪の降りしきる中、白無垢の花嫁さんがいたはって、なんとも絵になる記念の日やったと思います。どうぞ、お幸せに。

2008.01.31 Thursday
| 都暮らし | comments(0) | - |
コラム一年
六月に入りました。今月は蛍茶会や夏越の祓があります。鴨川にはとうに床ができてますし、下旬には室町界隈からは祇園囃子のお稽古も聞こえてくるでしょう。だんだん、夏に向こぅていきます。

MBSさんとこのコラムがあっぷされてます。今月は「雨の庭」とタイトルを付けてみました。このコラムもお陰さんで書き始めて、ちょうど一年経ちました。何とか続けて来れたのも、ひとえに皆さんの応援あってのことです。いつもいつも、拙い文をお読み頂いて、ありがとうございます。

また、遅筆に気ぃ長ぅお付き合い頂いてます、MBSのご担当の方、毎月すばらしいお写真を提供してもうてます川崎様、星野様にはほんまにお世話になってます。この場を借りてお礼申し上げます。

歳時記の体裁で書かせてもうてますさかい、二年目はおんなじことは書かれしませんし、さてどうしたもんやら..。ええアイデアがあったら、どうぞ教えとくれやす。
2007.06.02 Saturday
| - | comments(3) | - |